天然石を卸売りで購入した失敗談や成功例

お店を開いてアクセサリーを売るにしても、自分用にアクセサリーを作ってみるにしても天然石をどこで入手してくるかというのは当然悩みの種となります。それぞれのお店によって取り扱っている商品も違いますし、品質も違います。価格も大きく変わってくる場合もありますので、購入先選びは重要になってきます。しかし、大量にアクセサリーを作る人ともなればショップからの購入は損をすることでしょう。大量にアクセサリーを作るのであれば、石を卸売りで購入してしまう方が安くまとめて仕入れることが出来ます。最近はインターネットを利用して仕入れる人も多くなってきました。しかし、それをしたことによる失敗談や成功例というようなものも存在するのが現状です。今回はそれをお話しします。

珍しいからと仕入れてみたら大失敗

最初は失敗談からです。卸売りを利用すると多種多様な天然石に出会うことが出来ます。中には普段ショップには並ばないようなものもあります。それゆえにそれを使いたい、欲しいと思う人も多いことでしょう。またそれらはあまり採れないものであれば高価ですが、ただたんにマイナーなだけであれば安価で購入することが出来るので、簡単に仕入れることが出来たりもします。しかし、そのように簡単に仕入れることが出来るという点が失敗に繋がってしまうことがあります。安く仕入れてみたものの、それ以上に安く店頭に売られていたということもあるからです。そのような安売りされるものはメジャーなものとセット販売されていることもあり、そのように仕入れたショップでは原価ほどの価格で売られていることもあります。

オリジナルアクセサリーの製作に成功

一方で、同じように卸売りを利用して珍しい天然石を購入し、それを使ってアクセサリーを製作することも可能になってきます。上手くそれを売り出すことで、安価で購入した天然石を、高い値のアクセサリーとして売ってしまうことも可能です。実際にそのようにして作ったアクセサリーは、購入者にとってはレアものとなりますし、デザイン性によっては爆発的に売れる可能性もあります。また、そのようにしてマイナーな石を使用した場合、同じような製品はあまり作られていません。つまり簡単にオリジナルアクセサリーを生み出すことが可能となってくるのです。そうすればショップの目玉商品として売り出すことも可能になりますし、オリジナル製品としての価値をつけることが出来ますので、成功への近道となります。